スルスルこうそに限らずサプリに合う、合わないがあることを理解する

スルスルこうそには乳酸菌などが含まれているために、腸内環境を良くする効果があり、便秘解消やダイエットに効果的です。しかし、中にはスルスルこうそを飲んで便秘になってまった、という方もいらっしゃるようです。このように逆効果が起こってしまう原因として考えられるのが、服用者自身の体質と含まれている成分が合わないことです。

 

要注意成分は「EC-12」

スルスルこうそに含まれる成分は、乳酸菌、アミラーゼ、リパーゼなどの消化活動をサポートするものばかりですが、その中に「EC-12」という乳酸菌です。このEC-12は、基本的には殆どの人の腸内に存在する乳酸菌の一つなのですが、中にはこれが腸内にない、という方がいるのです。

 

実は、体内の菌にもそれぞれ人によって個性があり、腸内細菌叢という指紋や声紋のような細かな違いがあります。そのため、自分の腸内細菌叢合っていない細菌が体内に侵入すると、それは有害なウィルスなどが侵入してきたときと同じように、体外に放出しようとしたり、腸内の働きそのものを阻害してしまうこともあります。いわゆる拒絶反応が起きてしまうのです。

 

その反応として、便秘や、消化不良などの症状がみられるのです。つまり、サプリメントの成分によって相性がいい人と悪い人がいるのです。そして、それに当てはまる確率が一番高いのが「EC-12」なのです。

 

相性は摂取してみなければ分からない

そして、相性がいいのか、悪いのか、ということを判明するためには、科学的な方法も特には無く、摂取してみる以外の方法しかありません。ですので、摂取して大丈夫かどうかは、一度試してみて経過を観察してみる以外にはどうすることもできません。もちろん、大量に摂取してしまうと、拒絶反応はより強烈なものになってしまうので、いきなり大量摂取するのは止めておいて、規定量より少なめの少量で試してみた方がいいでしょう。

 

体調に変化が起きてしまった場合には、服用を止め、体調変化が無ければそのまま徐々に量を増やし、通常の服用量にすれば、通常の効果が期待できるようになります。基本的に効果が現れるまでには2週間かかりますが、合わない場合の拒絶反応は比較的早く出てきますので、自分に合っているか、合っていないかはすぐに分かるかと思います。

 

また、すでに便秘気味で改善しようと服用を始めた場合には、変化が分かり辛いかもしれません。個人差もありますが、効果が出始めるまでの期間を過ぎても、改善する兆しが見えなければ、相性が悪い場合もありますので、一度服用を止めて、その後の自身の体調を観察してみるといいかもしれません。毎日ちょっとずつ自分の体調の変化を観察しておけば、サプリメントが原因か、それとも通常の便秘なのかが分かると思いますので、良く観察してきましょう。

 

スルスルこうそで便秘に?

サプリメントを飲んで拒絶反応が起こってしまうことは、スルスルこうそに限ったことではありません。どのサプリメントでも可能性があります。万人に合うサプリは存在しないので、相性が合う場合と合わない場合は必ず存在します。もしも、体質に合わなければ、別のサプリを服用するか、諦めるかのどちらかにしなければなりません。

 

けれども、スルスルこうその「EC-12」は比較的たくさんの人の腸内細菌叢に合っている成分ですので、相性が悪いと言う人はそうたくさんはいません。利用するのであれば、万が一自分とは相性が悪い可能性がある、とだけ考えておき、少量ずつの服用から初めてみるといいでしょう。そうして、経過をきちんと観察しておき、原因がサプリメントにあるか、それとも他のものなのかは理解できるはずですので、服用後はきちんと観察しておきましょう。

スルスルこうそスルスルこうそで便秘なった!?

スルスルこうそ